Sun Asterisk
AI deation
[ アイディエーション ]

生成AISun*独自のフレームワークを活用した事業機会の探索支援

新規事業創造でこんな課題はありませんか?
新規事業プログラムから
なかなか良い
アイデアが出ない
新規事業創造の
ノウハウが属人化していて、
体系化されていない
新規事業の
社内稟議が通らない

そのお悩み、Sun*が解決します

新規事業創造に特化したAIアプリで、
アイデア発散・評価・具体化をまるごとサポート

Merit

AI*deationを使うメリット

より短時間で、より幅広いアイデアを発散し、事業創造に繋げていくことができます

Features

AI*deationの特徴

より短時間で、より幅広いアイデアを発散し、事業創造に繋げていくことができます

500社850プロダクトの
事業支援で
培われたノウハウを提供
2012年の創業以来、業界・規模問わず、数多くの企業の事業課題に対して伴走型支援を行っています。そのノウハウをAI*deationのプロセスに盛り込み提供いたします。
AIと人間それぞれの強みを
掛け合わせることで、
低コストで事業創造を支援

AIの強みであるインプットからアイデアを評価することと、人間の強みであるアイデアの収束・選定・検証等を掛け合わせることで、事業確度を高め、時間や予算を抑えながら推進することができます。

事業アイデア創造後の
事業化〜MVP開発まで
一気通貫でご支援
ビジネスデザイナーだけでなく、デザイナー、エンジニア等、多様なスキル・経験値を持ったメンバーが在籍。事業アイデア創造後のプロトタイピング支援から事業グロースまで一貫して伴走します。

App

AI*deation APP

発散・評価・具体化の各プロセスをAIと人間の共創でサポート

※HMWQ(HMW Question)とは…
デザイン思考で具体的な課題を解決するためのクリエイティブなアイデアを引き出すために用いられる問い。「どうすれば~できるか?」という形で、問題を解決するための具体的な方向性を示しながらも、発想の自由度を保つことが特徴。

アウトプットイメージ

事業領域に合わせて高速アイデア発散
事業の最小構成要素を表形式で大量に生成
膨大なアイデアをAIで一次評価

アイデアを複数観点で点数づけしソート

アイデアをValueDesignSyntaxで具体化
Sun*独自フレームワークでアイデア要素を可視化

Demo

デモ動画

AI*deation App上でどのようにデータをインプットし、
事業アイデアの発散・評価・収束につなげていくのか、デモ動画でご紹介します。

Comparison

他サービスとの比較

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。

  AI*deation コンサルティング
サービス
AIサービス
(ex. ChatGPT)
新規事業創造において
持続的に利用可能な価格設定

これまでのコンサルティングサービスよりお手頃な価格設定で持続的な利用をサポートします
ビジネスデザイン分野の知見
Sun*の850以上のプロダクト, 500以上のクライアントの事業支援で培われたノウハウを詰め込んでいます
新規事業を自走するための
コーチング・メンタリング支援

プランによってコーチング・メンタリング支援で新規事業の自走をサポートすることが可能です
開発フェーズまでの伴走
Sun*は開発までの伴走が可能です

Plan

サービス・プラン

説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。説明が入ります。

各プラン ライト スタンダード プレミアム
10アカウント付与
1dayワークショップ ※1
メンタリングサポート ※2
検証実施等伴走支援 ※3
※1アイデア創出の一連の流れを体感していただくためのワークショップとなります。
※2Sun*のビジネスデザイナーによる月1回のMTGでのコーチング支援を行います。
※3プレミアムプランについては、申込者様と別途お打ち合わせを行い、料金、サービス内容、ライセンス期間等を決定します。

FAQ

よくある質問と回答

Client Voices

クライアントの声

株式会社POLA
新市場企画プロジェクト

アイデアコンテストでの
社員の創造性が活性化

弊社のウェブサイトは、これまで情報発信を優先し、UI・UXの観点が二の次になっていました。数年前、最もアクセスが集まるサービスのデザインをUI・UXを意識して改修し、その結果は明らかに改善されました。しかし、その評価を専門家の視点から得ることで、さらなる改善の可能性を探りたいと考え、今回の診断を依頼しました。
株式会社PFU
事業開発本部
次世代事業開発室

事業アイデア実現の蓋然性が
より向上できるように

新たな事業を検討する上で事業アイデアの発散や収束のさせ方、事業アイデアの蓋然性の高め方に課題を感じていました。
しかしAI*deationの支援で、アイデアをSun*/NEWhのValue Design Syntaxのフレームワークまで落とし込んで具体化することで、事業シナリオが構造化され、そのアイデアのビジネスイメージがつかみやすくなり、アイデアの実現における蓋然性を高められたと感じています。
また事業化アイデアの評価軸もご支援をいただきながら検討したことで、アイデアの採点基準が明確になりました。現在も自社内の事業アイデアの収束のさせ方のプロセスの一つとして活用しています。 ​

大手企業 J 社

AIでアイデアを具体化することで
コアバリューの発見に繋がった

新規サービスを設計する際には、企業のパーパス、事業目的、市場動向、顧客の課題など、さまざまな方向性で考慮することになります。そのため、有象無象のアイデアが生まれる中で、最適なアイデアを見つけ出し、選択するのは難しい課題でした。
しかし、AI*deationの支援によって、各アイデアをAIがサービスの詳細や中長期戦略に展開し、関連情報を明確にすることができ、その上でステークホルダー間の議論ができたことによって、本当に目指すべきサービスのコアバリューを発見し、定義することができました。

Contact Us

お気軽にご相談ください

貴社の状況にあわせて最適なチームをご提案します。開発のご相談やお見積りのご依頼は、お気軽にお問い合わせください。

DevOpsに関する詳細資料のほか、Sun*のソリューションやこれまでの開発実績をまとめた資料のダウンロードはこちらから。

©2024 Sun*